セレモニーレディ

当社では入社時より毎月の研修教育を実施しております。
社員全員がソフィアスタッフの一員として、同じ知識、意識、そして技術を共有するために研修を行っております。
「究極のサービス業」に携わる者として、備えるもの・・・それは優しさです。
遺族の心にどのように寄り添えるか、何を必要とされているのか。そこに気づくことができる人財を育てております。
豊かな人間性を備えることこそを一番の目的とし、そんなスタッフを派遣いたします。


セレモニーレディ式場内でのお焼香へのご案内。 ご導師様への対応。
故人・喪主様のお心を何より大切に常にお傍らに寄り添います。


司会大切なご家族との最後のお時間。
故人様のご生涯を送るひと時を荘厳に、ご家族様と共に演出いたします。


お忙しい中足を運んでいただきましたご参列のお客様に、喪主様の感謝のお心を伝えます。


セレモニーレディ_村田1962年2月 東京出身
大昭製紙(株)東京支社経理課勤務を経て、資格取得のために税理士事務所に入所。巡回監査を8年務めました。
その後、大手葬儀会社に勤務をし、総務課秘書、渉外営業部、葬祭営業部、仏壇部と葬儀社経営に関わるすべての部署を経験。
後に現場の業務を身につけるため中小の葬儀社へ。司会、案内から遺体の処置まで勉強してきました。

女性が独りで社会に立ち向かう時、セレモニーのお仕事はきっと大きな力を与えてくれると思います。
この仕事は、女性としての愛情、人間性、母性そしてしなやかな美しさを求めています。

セレモニーレディの採用についてはこちらから

Sophia Groupで働く女性の声

  • セレモニースタッフ

    必ず迎える大切な人との別れに向き合いたい

    この仕事を選んだ理由は、必ず迎える大切な人との死にしっかり向き合いたいと思ったからです。最初の頃はとても緊張して不安でしたが、先輩スタッフがフォローしてくれるのでとても安心できました。繰り返しお仕事していくと、お仕事の流れが理解できるようになります。私はまだまだ新米ですが、大切な人の死と向き合う方々のお力になれるように、心遣いや女性らしい立ち振る舞いを先輩スタッフから学んでいきたいと思っています。

  • 配膳・ケータリングスタッフ

    配膳は頭からつま先まですべて接客業

    最初は仕事の内容も理解していない状態でのスタートでした。社長はじめ先輩の方々の仕事ぶりをみて覚えて学んでいきました。
    配膳の仕事とは、人として気配り、目配り、それから接客力、察知力、瞬発力、が必要です。
    あたまの先からつま先まで接客業。
    お受けした仕事の1回1回を、謙虚な気持ちとしっかりと仕事をすること。
    それが信頼につながり自分自身の道にもつながっていると感じています。

  • 配膳・ケータリングスタッフ

    誇りを持てる仕事、働ける環境に感謝

    ソフィアでは社長をはじめたくさんの仲間が働いています。あってはならないことですが時に失敗やクレームがあります。
    クレームはみんなで注意して直し、全員のレベルを上げる努力をしています。
    会社として一体感を持っていつも対応しています。
    できる限りプロとして近づけるように、自らの仕事に誇りをもち、ソフィアで働けることに感謝しています。

  • 配膳・ケータリングスタッフ

    私は知人の紹介がきっかけで仕事を始めました

    私は、通夜、告別式、法事、宴会の現場で料理等のセッティング~配膳~片付けをしています。 お客様のご案内など私は未経験でしたが、先輩方が丁寧に指導してくださり安心して仕事ができました。 最初はとても不安で緊張していましたが、スタッフが女性だけなので困った時なども相談しやすく、頼れる先輩方や良き同僚に支えられ頑張れています。
    シフト制の勤務はなく毎月休暇申請をし、長く休む時も相談できます。今後も、一件一件の仕事を大切にし丁寧な接客を心がけ、スキルアップしていきたいです。

お気軽にお問い合わせください。

いつでもお気軽にご相談ください。 042-389-2020 お問い合わせ